フラワーアートと華道

日本においてはフラワーアーティストが芸術に関する様々な活動を行っていることが知られるようになるにつれて、世の中にその仕事の内容が認知されるようになってきていることは事実であるかもしれませんが、フラワーアートを作る「フラワーアーティスト」と呼ばれる人々はもともとは海外に、特に西洋に存在していたことが言われているわけです。

一説によれば、花などを絵画のなかにちりばめるような形でスタートしたともいわれることがあるため、実際の花を用いたフラワーアートの発展はややゆっくりであったというふうに考えられているようです。

 

なお日本では自然に恵まれて四季も比較的はっきりとしていることも幸いしてか、美しい木々、草花を用いた独自の芸術が早いうちから開花しており、それが現代の華道につながったのではというふうに言われているようです。

もしかしたら、様々な植物がその土地、全国津々浦々に根付いているからこそとも考えられるのかもしれません。

「わびさび」というものも重要視されている日本の華道においては、草や花や木々が、日々様々な天候にさらされながら、全く見たことがない、新しい姿へとどんどんうつろい変化をしていくとかんがられているわけです。

そのすがたから「美」を見出すこともあったと考えられるわけです。

全ての草や花の命が尊いということを理解した上で、それを花瓶の中に映し出す作業こそが、華道における生け花だという方もいらっしゃるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です