生け花の長持ち方法

生け花をしたり、自宅に花をかざったりする際に陥りやすい問題としては、生けた花をどのようにして長持ちさせるのかということです。

インターネットなどでよく見かける失敗談としては、せっかく上手く花をいけることができたのにもかかわらず、それを長持ちさせることができず、すぐにからせてしまったので、大変残念な思いをしてしまったというケースや、花をいけるための技術を習ったが、花をどのようにして長持ちさせるのかという技術についてはほとんど習っていない、ケースがあるようですから、注意をしておくことが重要だというふうに言えるのではないでしょうか。

その中で重要なことしてあげられるのは、水の中で生け花をするための花の茎を切るということが重要で、乾燥をしているところで茎を切ることで空気に触れてしまうため早く傷んでしまうということが言われているようです。

そして水が汚れないようにするために、大きな花瓶などであれば、3滴ほど漂白剤を垂らすとうまくいくというふうにも言われているようです。

このようないわばその場しのぎの方法だけではなくて、生け花をした際の花を長持ちさせるための薬なども売られているようですから、興味がある人は探してみるといいかもしれません。

最近ではしおれた花をどのようにして元気にするのかという方法もインターネットなどで散見されますが、信じすぎずに試してみることも一つの手かもしれません。

そして、生け花をする際に重要になってくるのがハサミの切れ味で茎や葉っぱなどを潰すように切ってしまうと、長持ちせず見栄えも良くありません。綺麗に裁断するように切らなければいけないということも覚えておくと良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です