花について

花は運命に取り決められた期間に咲き誇るわけで、我々が目にするゆたかな自然の名所などというものは、人々が手入れをしている場合も多いために、調和がとれているという風に感じることも、重要であると考えるわけです。

立花は森羅万象をその中にふくんでいるため、全ての芸術の原点であるともいってしまえるほど、自然を重要視していると考えられるわけです。

「立花」とよばれるものは、古くは室町時代にその原型がみられるともされていて、当時から試行錯誤を重ねて変化が続いてきたとされていることは、とてもユニークなものであると考えられるでしょう。

型そのものを美とするのではなく、表現の内容や含意されるもの自体を重視するという芸術であるための、なかなか多くの人の理解を得ることは難しいというふうに、当時言われることもあったようですが、基本は変わらず、生け花の美というものに魅了されるきっかけを作り続けていたことは間違いないと言えるでしょう。

伝統的な考え方や、基礎とされる生け花の考え方を保ちつつも、その時代その時代にあった作法を取り入れることで発展を続けてきたわけですから、当然、家などにかざるさいには、なるべく人にめに着くところに注目されやすいところにおかれるようになったということは間違いないわけです。

しかしながら、そのような要求に応え得る、家の作りになったいなかったという事情もあったため、民間では養われることが少ない場合もあったとかんがえられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です