時代とともに愛される花々

最近では、フラワーアレンジメントなどとして、多くの女性のファンを惹きつけているフラワーデザインですが、その歴史が深く、人々の文明とともに華やいだ芸術や、宗教、行事、儀式とともに人々の生活の中で、彩られ形作られてきました。そのアレンジは時代によって特色も見せますが、さらに東洋、西洋、また、そのそれぞれの国々などでも、フラワーアレンジメントの違い、がその国々によっても特色の違いがよく出ています。各国では、フラワーアーティストなどと呼ばれている、花を専門に生けたり、デザインをしたりする人々は、日本においては、華道家などとして、その存在を多くの人に知られ、多くのファンを惹きつけています。日本にはさらに植物を人工的に加工し、愛でる方法に、盆栽などがありますが、盆栽も、華道も、それぞれに、独自の芸術性があり、美しさがあります。また西洋と東洋の花や植物に対する、デザインの捉え方が個々に異なりますが、ある意味それぞれは、時代において融合することによって発展を遂げているような様子が見受けられます。古代の遺跡遺物などにも、人々が花を愛でていた痕跡が発見されています。古代の人々も、現代人のように花の美しさから、様々なインスピレーションを受けていたのではないかなどと考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です